[今すぐ使える話のネタ5選]                 話のネタ(うんちく)を紹介します第3弾

雑学豆知識(話のネタ)

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです。>

 今回で第3回目を迎える話のネタ(うんちく)です。私が独自の判断でうんちくを5つ紹介していきたいと思います。仕事場や学校で使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。

ブレザーの由来

 学校の制服や普段着などでも着ているブレザーですが、実際スーツとはどう違のでしょうか。ブレザーとスーツは「ジャケット」のカテゴリーで、スーツは商品名ではなくジャケット(上着)とスラックス(ズボン)の1式のことを言います。そして、ブレザーの由来は2つの諸説があり、1つはケンブレッジ大学の生徒がボートレースの試合で赤色のジャケットを着ていて炎(ブレス)のように赤い色をしていました。その言葉が訛りブレザーとなった説ともう1つは、ビクトリア女王の式典で水兵の格好の見栄えを良くしようと艦長が紺のサージに金色のボタンがついた制服を着させたところ女王が大変気に入り、その時の水兵たちの船の名前がブレザー号だったことからそう名付けられたという説があります。

料理酒と日本酒の違い

 料理などの調味料に使う料理酒ですが、飲む用の日本酒とどう違うのでしょうか。違いは日本酒にうま味調味料や塩を加えただけでほとんど変わりません。ではなぜ種類分けされているのでしょうか。理由は税金が関係しているからで日本酒だと酒税で税金が高くなります。対する料理酒は、うま味成分や塩を加えたことによりみりん扱いとなり税金が安くなるからです。

眠らない動物

 世の中にはたくさんの動物がいますが、眠ることは本能として必ず備わっています。しかし、数ある動物の中でも眠らない(半分は寝ていますが)動物がいます。その動物はイルカで、右脳と左脳を交互に休めさせ半分寝ている状態にしています。そのおかげで半分寝ている状態でも泳ぐことができ、外敵から身を守ることが出来ます。

植物にも血液型が存在する

 人間にはもちろん血液型が存在します。実は植物にも全体の10%ほどですが血液型が存在するのです。植物に血液はあるのかと思いますが、血液ではなくそれに似た物質の「糖たんぱく質」があり、それを調べることで植物にも血液型が存在することが分かりました。そのほとんど(全体の8割)がO型で、有名な植物では大根やツバキ、ゴボウなどがO型になります。セロリがB型、バラはAB型となっています。A型もアオキなどがありますが私はその植物を知りませんでした。

ウサギの耳の秘密

 ウサギの特徴といえば長い耳ですよね。ウサギの長い耳の理由は外敵からの音をいち早く察知し逃げるためだと思いがちですが実はそうではありません。その外敵から逃げている間の体温を逃がすための役割を担っており、ウサギは元々体温調整が苦手な動物で毛細血管の詰まった耳を外敵から逃げている間に風で耳を当て体温を下げているのです。

最後に

 いかがだったでしょうか。ウサギやイルカなど動物には色々な秘密が隠されていることが分かりました。今後もうんちくを紹介していこうと思います。ぜひ、職場や学校の話題に使ってみてください。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちら↓

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました