[今すぐ使えるネタ5選]                  話のネタ(うんちく)を紹介します第10弾

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです。>

 今回も話のネタとなるうんちく(10弾)を紹介していきたいと思います。私独自が判断したうんちくを5つ紹介させていただきます。仕事場や学校の話題として使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。 

目次

2月が半端な理由

 12月まで暦がある中でなぜ2月だけ28日と29日の2つの日付があるのでしょうか?理由は太陽暦(地球が太陽を1年で1周回る期間)が関係しています。太陽暦の初めは365日の固定の年月でした。そうすると誤差が出てしまうことが後に分かりました。それを修正するため現在の形となる太陽暦がローマ帝国の時代につくられ、4年に1度1日を足す(2月29日閏年)ことで調整することができました。当時ローマは2月が年の終わりだったのでそこで日にちを調整していました。そのため2月が28日と29日となっています。

信号の色の意味

 世界のほとんどの国の信号は青、黄、赤の3色です。なぜその3色なのでしょうか。理由は、「赤」は危険を知らせるための1番目立つ色として使われています。その対比的な色として「青」その両方とも近くない色の「黄」が使われています。3色で差別化を図るためにその3色が使われていることになっています。

お腹が減るとグーとなる理由は

 お腹がすくと「グー」とお腹が鳴ることがありますよね。ではなぜお腹がすくと音が鳴るのでしょうか。それは、胃が収縮した時に鳴る音で糖が足りなくなると脳が胃に信号を送り、その運動が起こります。その時になる音が「グー」と鳴るのです

小名はあるのでしょうか

 1万石以上を食む幕府の武士を「大名」呼びました。しかし、「大名」がいるということは「小名」もいるのではないでしょうか?答えは「小名」は存在はしていました。しかし、「大名」と違いごくわずかな領土しかなかったため大っぴらにしていなかったためあまり知られていはいません。

サラブレットの先祖

 競走馬のことをサラブレットと呼びます。そのサラブレットの先祖の8割は同じ馬なのです。優れた遺伝子を受け継がすため同じ馬を交配させてサラブレットを誕生させています。ですので、同じ系統の馬が生まれるのです。因みにその先祖となる馬は1700年頃にイギリスで活躍していたダーレーアラビアンと言われています。

最後に

 いかがだったでしょうか。話のネタ(うんちく)第10弾を5つ紹介させていただきました。仕事場や学校で話しに使っていただけると嬉しく思います。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせ↓

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる