[今すぐ使えるネタ5選]                  話のネタ(うんちく)を紹介します第13弾

雑学豆知識(話のネタ)

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです。>

 今回も話のネタとなるうんちく(13弾)を紹介していきたいと思います。私独自が判断したうんちくを5つ紹介させていただきます。仕事場や学校の話題として使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。 

線路の砂利がある意味は

 電車が走るのに必要なレールですが、そこにまかれている砂利はどんな役割があるのでしょうか。実はその砂利はとても重要な役割があるのです。電車の重みで枕木やレールが地面にめり込むのを防ぐ効果があります。さらに電車が走る轟音も砂利によって抑制されているのです。

カレーに福神漬けの由来

 カレーを注文した時に必ずと言っていいほどついてくる「福神漬け」。名前がついた由来は何でしょうか。福神漬けの考案は1885年東京の「酒税」の野田清右衛門さんで、ナス、ナマタケ、大根、カブラ、シソ、シイタケ、ウドと7種類もの野菜で作り上げたのが「福神漬け」でした。カレーとの相性が抜群で瞬く間に広がっていきました。「福神漬け」の名前の由来は7つの野菜の神として7福神からきています。

目安箱の設置理由

 8代将軍徳川吉宗が考案した「目安箱」。庶民の意見を聞き入れそれを改善していくというとても素晴らしい考案です。しかし、本当の真の目的は役人の不正を監視するためのものでした。その当時、役人の不正が後を絶たなかったため「目安箱」でいつ不正がバレるかもしれないという恐怖心を煽るのが真の目的と言われています。

日本の平均寿命

 現在の日本の平均寿命は80歳を超えるほど世界から見ても長寿大国となっています。昔から日本人の平均寿命は高かったのでしょうか?実は現代とは違い、昔の日本人の平均寿命は短く縄文時代から室町時代までの平均寿命が20歳未満で江戸に入っても40歳前後と言われていました。人生50年という言葉はその当時だと長寿だったということになりますね。

ペリーとの会話はどうしたのか?

 黒船来航で有名なペリーですが、約250年もの間鎖国をしていた日本人とどうやって会話をしたのでしょうか?日本は鎖国をし続けてはいましたがオランダなどごく1部の国とは交流がありました。ですので日本語→オランダ語→英語と伝言ゲームのように会話がされていました。因みに記録では「貴艦は何国の船にて、何の訳ありて当港に渡来候や」と会話が記録されています。

最後に

  いかがだったでしょうか。話のネタ(うんちく)第13弾を5つ紹介させていただきました。仕事場や学校で話しに使っていただけると嬉しく思います。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちら↓

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました