[今すぐ使える面白雑学5選]                       話のネタ(うんちく)を紹介します第33弾

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです>

 今回も話のネタとなるうんちく(33弾)を紹介していきたいと思います。私独自が判断したうんちくを5つ紹介させていただきます。仕事場や学校の話題として使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。

目次

傘の用途

 雨が降ったら傘をさして身体が濡れないようにします。しかし、昔は雨を防ぐために使われてはいませんでした。傘自体の歴史は4000年以上前からあり当時は権力の象徴として使われ、その後も日よけ(現代でも使用しますが)や汚物を防ぐための役割が多かったのです。現代のように雨よけとして使われ始めたのは18世紀を過ぎてからでした。

贈答品の「のし紙」

 贈り物を送る時「のし紙」に名前などを書いて相手に渡しますがなぜ「のし紙」というのでしょうか?「のし紙」は漢字で「熨斗紙」と書き「伸し鮑(あわび)」という意味を持ちます。鮑は不老不死の象徴として贈り物として大変喜ばれていました。現代は「のし紙」で送りますが当時は鮑を添えて贈り物を渡していました。

ぽしゃる

 交渉などがダメになったことを「ぽしゃる」といいますがなぜ「ぽしゃる」なのでしょうか?フランス語の「シャッポ」から来たと言われ帽子を意味します。それを逆さにした造語で理由は定かではありませんが「シャッポ」が逆さになるとダメになると言われておりこの言葉が使われています。

遊園地

 ジェットコースターや観覧車など様々なマシーンがある遊園地ですが、初めてできたのは1728年にロンドンで開園した「ヴォックスホールガーデンズ」です。現在で言うとイベント会場に近くコンサートや花火大会が開かれたり熱気球などに乗れたりしました。因みに日本で初めてできた遊園地は1853年に開園した「浅草花やしき」です。

日本人初の宇宙飛行士

 人類初の宇宙飛行士はガガーリンで「地球は青かった」のフレーズが有名です。では日本人初は誰なのでしょうか?イメージでは1992年にスペースシャトルに乗った毛利衛さんではないでしょうか?実はその2年前にTBS社員の秋山豊寛さんが初めて宇宙に旅立ちました。因みにその時の言葉が「これ本番ですか?」だったそうです。

最後に

 いかがだったでしょうか。話のネタ(うんちく)第33弾を5つ紹介させていただきました。仕事場や学校で話しに使っていただけると嬉しく思います。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

他のうんちくも普段の話のネタとして見ていただけると幸いです

お問い合わせはこちら↓

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる