[今すぐ使える面白雑学5選]                      話のネタ(うんちく)を紹介します第65弾

雑学豆知識(話のネタ)

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです>

 今回も話のネタとなる(うんちく雑学65弾)を紹介していきたいと思います。私独自が判断したうんちくを5つ紹介させていただきます。仕事場や学校の話題として使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。

成人の顔に住み着いている生物

 ほとんどの成人の顔に住みている生物は何かご存じでしょうか?その正体は「デモデスク」というカビで「顔ダニ」や「ニキビダニ」とも呼ばれています。主に毛穴や皮脂腺内に住み着き卵を産みます。それが炎症を起こしていしまいニキビなどができてしまいます。しかし、よほど増殖しない限り害はないのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

親の七光りとは

 親が偉大で子どもがその恩恵を受けることを「親の七光り」と言いますがなぜ七光りと呼ぶのでしょうか?仏教で7という数字は「大きな」や「偉大な」と言う意味で「親の大きな光を子が受ける」という意味でその言葉が使われました。

インドでの野良牛

 日本には野良猫や野良犬の保護などの問題が色々とありますが、インドには「野良牛」がいることをご存じでしょうか?雌牛は牛乳が出るので飼い主がいるのですが雄牛は出ないので捨てられることが多そうです。ただインドでは「牛は神の使い」とされ虐待等はされることはないのでそこは安心です。

サイコロの目の色

 サイコロは1の出目だけが赤いですが理由はあるのでしょうか?大正15年和歌山県の会社が自社製品のサイコロに特徴をつけようということで1に赤い色を付けました。それがほかの会社も真似するようになりサイコロの1が赤くなりました。ですので外国のサイコロはすべて黒が一般的です。

名刺の漢字について

 名刺の漢字は「刺」という漢字ですがなぜでしょうか?「名刺」の漢字の由来は中国で竹や木を削った札に指名を書いておりこれを「刺」といいます。それが由来となり現在の「名刺」にこの漢字が使われました。

最後に

 いかがだったでしょうか。話のネタ(うんちく雑学)第65弾を5つ紹介させていただきました。面白い話のネタとして使っていただけると嬉しく思います。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちら↓

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました