視力の低下防止対策を紹介します。

 私は小学生から眼鏡をかけています。30代を過ぎ年々視力が低下していることを実感しており何か目に良いことはないかと気になり調べてみました。
 やはり、普段の生活で視力が低下する行動が多々あり、それを改善することやバランスの良い食事を取ることで視力の低下防止になることが分かりました。

目次

目にはビタミンが必要です

 様々な栄養素の中で、ビタミンが目の健康に不可欠なことが分かりました。

 ビタミンA・・・・主要成分レチノール。目の粘膜の健康を保つのに必要不可欠で薄暗いところでも視力を保つのに役立つ栄養素です。不足の場合夜盲症のリスクがあります。
主な食材・・・レバー、鰻、緑黄色野菜、バター、卵など
 
 ビタミンB1・・・神経や筋肉の組織に作用し疲れ目の改善になります。
主な食材・・・豚肉、鰻、豆類など

 ビタミンB2・・・粘膜を保護する働きがあります。不足すると目の充血や疲れ目に繋がります。
主な食材・・・鰻、レバー、アーモンド、卵など

 ビタミンC・・・疲れ目や目の充血を防ぎます。ビタミンB2に近い効果が期待できます。
主な食材
・・・柑橘類、緑黄色野菜、さつまいもなど

 ビタミンE・・・老眼をはじめ、体の老化スピードを抑制してくれます。
主な食材・・・緑茶、アーモンド、コーン油など

 ビタミンでこんなにも目に影響を与える栄養素があることが分かりました。次の項目では目に良くないことを紹介していきます。

目に良くないことをしていませんか?

 目の栄養素が不足することで色々な影響が出ることが分かりましが、日常の行動で目の負担になっていないかを調べてみました。

 度が合ってないメガネやコンタクトレンズをつけていませんか?
 度が合ってないメガネやコンタクトを着けることにより、視点が合わず視力を落してしまいます。年に1度は視力検査をして調整を行うことが目の負担の軽減に繋がります。
 それに、メガネやコンタクトレンズのケアも重要です。私の知り合いに、半年間コンタクトをつけたままで生活していて、その結果、失明寸前までになりました。半年とまでは言わなくても日々ケアを怠ったり、つけたままで眠るなどしてしまうと目に大きな負担がかかります。


 
パソコンやスマホの画面を長時間見ていませんか?
 私もブログをやっているのでパソコンの画面をずっと見てしまい目に負担をかけています。しかし、この時代にパソコンやスマホなどの電子機器がない生活は難しいです。しかし、普段のちょっとした行動で目の負担を和らげることができます。画面を見上げるより見下した方が目の負担が少ないので自分にあった角度に調整したり、ブルーライトカットのメガネをかけ光の負担を軽減したり、1時間パソコンを操作した後15分間目の休憩をするなど私たちの身近な生活でも改善点はあります。

 
 日々睡眠不足ではありませんか?
 日常的に睡眠不足も目の負担に影響しています。睡眠が取れていないということは栄養素も体にいきわたっていないですし充分に目の休息時間も取れていないということです。さらに、夜更かしなどで目の疲れは加速します。
睡眠をしっかり取り目を休ませることが目の負担の軽減にも繋がっています。

白内障を予防する食べ物

 加齢により発症する白内障。完全に予防することは不可能ですが、日々の行動や食事で発生を遅らせることは可能です。
 
 白内障の症状・・・目の中の水晶体が濁っていします病気で、視界全体がぼやけ霞んでしまします。メガネやコンタクトでの矯正はできません。

 行動での予防・・・太陽の紫外線で白内障の症状を早めてしまします。しかし、太陽の光を浴びなければまた別の問題が発生してしまうので、サングラスで目を保護することが効果的です。喫煙も白内障の原因と言われています。

 食事での予防・・・野菜や果物などビタミンが豊富な食材を食べることが効果的です

 白内障は私たちにとって避けられない病気です。しかし、日々意識することで発生を遅らせ予防できることが分かりました。

最後に

 ビタミンの摂取のほかにも目にいい食べ物で有名なブルーベリーがあります。ブルーベリーはアントシアニンが豊富で視力回復や目の疲れに良いといわれています。私たちにとって目はとても大切です。      
 日々の行動や食事のとり方によって今後の影響に大きく関わってきます。健康な目を維持できるよう気を付けていくことが大切です。

 
お問い合わせはこちら↓

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる