[今すぐ使える面白雑学5選]                      話のネタ(うんちく)を紹介します第82弾

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです>

 今回も話のネタとなる(うんちく雑学82弾)を紹介していきたいと思います。私独自が判断したうんちくを5つ紹介させていただきます。仕事場や学校の話題として使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。

目次

渡り鳥の飛空距離

 渡り鳥といえば遠くまで移動する鳥ですが、いったいどこまでの距離を飛んでいるのでしょうか?なんと渡り鳥の移動距離は8万㎞を超えています。そこまで長く飛べる理由がV字編成で上空を飛行し空気抵抗を少なくしていることと、完全に睡眠を取らずに生息できる動物だからです。そのおかげで不眠不休の状態で長距離を移動できています。

古代ギリシャのオリンピック

 オリンピックといえば4年に1度の祭典ですが古代ギリシャにもオリンピックがあったのはご存じでしょうか?古代ギリシャも4年に1度行われていました。しかし、開催種目は1種類しかなくその種目は「スタディ走」で約191.27mを走る競技です。因みにギリシャのオリンピックは紀元前9世紀から4世紀にかけて293回もの大会の歴史がありました。

リレーの最終走者がアンカーの理由

 運動会のリレー競争の最終走者を「アンカー」と呼びますが由来はなんでしょうか?「アンカー」は日本語で「錨(いかり)」となり、「錨」は船が停泊するために降ろす重しです。その「アンカー」と始めに呼ばれていた種目が「綱引き」で、最後尾は屈強で体重が重い選手が務めており「錨」のような存在として「アイカー」と呼ばれていました。そのことからリレー競争でも最後尾は「アンカー」と呼ばれています。

相撲のはっけよいの意味

 相撲といえば行司が「はっけよい、のこった」という掛け声とともに取り組みが始まりますがどういう意味でしょうか?「はっけよい」は「発揮揚々」という言葉で「気合を入れる」や「全力をだして」という意味となり「気合をいれて土俵に残れ」という意味となります。

食パンの意味

 パンは色々な種類がありますがなぜ「食パン」だけ「食」というのでしょうか?理由は食用のパンと消しゴムに使うデッサン用のパンと分けるや、菓子パンと食事用のパンとを分けるためと言われています。

最後に

 いかがだったでしょうか。話のネタ(うんちく雑学)第82弾を5つ紹介させていただきました。面白い話のネタとして使っていただけると嬉しく思います。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

  他のうんちくも普段の話のネタとして見ていただけると幸いです

お問い合わせはこちら↓

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる