安眠方法を紹介します(対策編)

 前回、安眠を妨げる原因について記事にさせていただきました。今回はその対策について記事にさせていただきます。安眠に一番大事なのは、自分自身リラックスして眠りに入ろうとしているかがカギになってきます。前回でも述べましたが、眠る前にスマホや食事と取ったりしてしまうと光や胃の消化で目が冴えてしまいます。それ以外に日々の仕事や学校などのストレスで不安が募り眠れなくなってしまうこともあります。そんな中でも、リラックスに近づける方法を紹介していきたいと思います。

目次

五感で身体をリラックスに

 快適に眠るには色々な方法があります。運動をしたり半身浴で身体を芯まで温めたり、交感神経と副交感神経をルーティーン化させるため決まった時間に眠り、起きることが大事になります。それ以外では五感を感じさせリラックスする方法もあります。しかし、一番大事なのは自分自身が実際にリラックスできているかが重要です。色々試し自分自身合う方法を見つけることがとても大切になっていきます。

 音楽・・・・リラックスできる音楽を聞いて入眠に入るのもよい方法です。あくまでリラックスできる音楽でハードロックなど激しい曲を聞くと変えって興奮してしまい眠りを妨げてしまいます。

 匂い・・・・アロマなどリラックスできる匂を感じながら眠ることもよい眠りができる方法です。自分自身が好む匂いを見つけることが重要です。
 
 ・・・・・枕が変わると眠れない人がいるくらいまい枕との相性は大事です。自分にあった枕を見つけることもよい眠りができます。そのほか布団(硬さの好み)なども自分にあった物をみつけることが大事です。
 
 飲み物・・・身体を温めて眠るとよい睡眠が取れると言われています。カフェインを含まないホットミルクやハーブティなどをがオススメです。

 アイマスク・・・光がさすことで交感神経が活発になってしまいます。光を閉ざすことで副交感神経が働き眠りに近づきます。ホットアイマスクもオススメです。

入眠儀式が大事

 眠る時、入眠儀式を行うことが大事と言われています。儀式といってもおまじないをするのではなく「眠る体勢を作る」ということで、先程述べたことや深呼吸などでリラックス状態にすることが大事です。
 日ごろから仕事や学校などでストレスを感じている人は安眠しにくくそのことで悩みを抱えていると中々眠れません。結論からいけばそれを解消すればぐっすり眠れるのですが、そううまくはいきません。その状態でも安眠に近づけるため自分にあった睡眠方法を見つけることが大事になっていきます。
 

ストレス発散

 先程、ストレスが睡眠に影響が出ると述べました。ここではストレス解消に役立つ方法を述べさして頂きます。
 
 映画鑑賞や読書・・・映画鑑賞や読書などで感動したり笑ったりすることでストレス解消になります。
 
 スポーツをする・・・身体を動かすことで筋肉の緊張が和らぎ、ストレス発散の効果が期待できます。 

 カラオケ・・・・・・大声で歌うこと(喉を傷めない程度)でストレスを発散になります。余談ですが私もやっています。

 他にも様々なストレス解消法がありますが、日々の行動でその日の睡眠に大きく影響が出てくることが分かります。
 

最後に

 睡眠は人によってさまざまで一概にこの方法が正しいというのはないと思います。しかし、実際に色々試しているうちに自分自身が「これはリラックスできる」と感じることが一番大事だと思います。悩みを抱えて眠れないということは不安からくるものです。その不安を少しでも解消していくことが日々の睡眠に影響していきます。
 この記事がお役に立てれば幸いです。


*前回の原因編はこちら↓
安眠方法を紹介します(原因編)

お問い合わせはこちら↓

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメント一覧 (1件)

    • […]  今回はよい睡眠が取れない原因を上げさせていただきました。私たちが日々何気なく生活している中で結果的に睡眠に大きく影響していることに気づきました。次回は、その対処法を調べお伝えしていければと思っています。次回の対策編はこちら↓安眠方法を紹介します(対策編) […]

    コメントする

    目次
    閉じる