[今すぐ使える面白雑学5選]                      話のネタ(うんちく)を紹介します第94弾

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです>

 今回も話のネタとなる(うんちく雑学94弾)を紹介していきたいと思います。私独自が判断したうんちくを5つ紹介させていただきます。仕事場や学校の話題として使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。

目次

シェフの帽子が高い理由

 シェフの服装といえば帽子が高いイメージはないでしょうか?その理由は色々ありますが1つはアントナン・カレームというシェフが客の被っていた背の高い帽子を見て自分も取り入れたいと思い考案した説や2つ目は背の低いコックが目立つために高い帽子を考案した説などがあります。

ご飯のシャリの由来

 お寿司のご飯の事を「シャリ」と呼びますがなぜそう呼ぶのでしょうか?「シャリ」という言葉はサンスクリット語で「米」を表します。それが伝わりお寿司のご飯を「シャリ」と呼ぶようになりました。

真っ赤な嘘の意味

 全く根拠のない嘘を「真っ赤な嘘」と表現しますがなぜ「真っ赤」なのでしょうか?実は「赤」には「まったく」や「明らか」などの意味があります。それを使って「真っ赤な嘘」と表現されるようになりました。

「々」の意味

 「久々」や「人々」など同じ漢字を繰り返すときに使われる「々」ですがどういう意味があるのでしょうか?実は「々」という漢字には読み方がなく踊り字と呼ばれる特殊漢字となります。使い方にはルールがあり、1つの漢字を同意義で繰り返す場合のみに使うことが出来ます。

回転寿司のルーツ

 安くて手軽なお寿司といえば回転寿司ですが、ルーツはどこから来ているのでしょうか?回転ずしの構造を思いついたのは「元禄」という小料理屋の白石義明さんでビール工場を見学した際にコンベアが回っているのを見て現在の回転寿司を思いつきました。因みに「元禄」は回転寿司チェーンの「廻る元禄寿司」の元祖です。

最後に

 いかがだったでしょうか。話のネタ(うんちく雑学)第94弾を5つ紹介させていただきました。面白い話のネタとして使っていただけると嬉しく思います。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 他のうんちくも普段の話のネタとして見ていただけると幸いです

お問い合わせはこちら↓

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる