バナナは栄養満点でダイエットにも効果的です

生活豆知識(健康編)

 果物の中でも栄養満点のバナナ。具体的に何に特化しているのか気になり記事にしてみました。
 バナナは低カロリーで免疫力アップにも繋がります。塩分摂取による高血圧を抑制する効果もありました。ダイエットにも効果的で運動時のエネルギー補給にも役立ちます。
 まずは、バナナがどうやって日本にやってきたかを案内していきます。
ちょっとした雑学も紹介しています

バナナの歴史

 バナナの歴史はとても古く、紀元前5千年~1万年頃と言われ偶然できた種のないバナナの苗を人間が栽培化したのがバナナの始まりと言われています。
 日本にバナナが輸入されたのはまだ最近で、1903年に台湾からバナナが輸入されたのが始まりです。輸入当時はとても高級品で1955年頃までは1房250円(現在の価格で7500円相当)で販売されていました。1963年にバナナの輸入が自由化し、台湾以外にもエクアドルやフィリピンなどからも流通するようになり、現在の輸入バナナの約9割がフィリピン産となっています。大量に輸入することで高級だったバナナも現在のようにお手ごろな値段に変わっていきました。

 次はバナナの種類について案内します

バナナの種類

 バナナにもたくさんの種類があり一つ一つ特徴があります。

 ジャイアントキャベンディッシュ
 私たちがよく食べているバナナです。一般的にフィリピンバナナといわれています。

 台湾バナナ
 文字通り台湾のバナナで、生育期間が従来より長くじっくり成長するため味が濃厚なのが特徴です。

 パナップル
 見た目はバナナですが、味がリンゴに近く通常のバナナに比べてビタミンCを多く含んでいます。

  ラカタンバナナ
 やや酸味が強く味が濃いのが特徴でフィリピンではキャンベンディッシュよりも味が好まれ最も流通量が多い品種となっています。

 モンキーバナナ
 セニョリータバナナとも呼ばれフィリピンで作られるミニバナナで1本の長さが7センチ~9センチほどしかありません。
 一般的なバナナより酸味が少なく甘みが濃く感じられます。
 
 島バナナ
 通常のバナナに比べて半分ほどのサイズで小ぶりですが、熟したバナナは通常のバナナに比べ濃厚な甘さと程よい酸味があります。

 モラードバナナ
 色が赤く小ぶりで太短いのが特徴です。酸味がほとんどなく甘く濃です。

栄養素

  バナナの栄養素は豊富でいつ食べてもメリットがある果物です。

 ・・・脳はブドウ糖をエネルギー源として活動しておりバナナに含まれているブドウ糖で効率よく補うことができ、朝の活動に大きな助けとなります。

 ・・・バナナにはブドウ糖以外にも果糖やショ糖が含まれており、それが集中力を高め仕事や学業の手助けとなります。

 ・・・バナナには眠気を誘う、セロトニンとトリプトファン生成を助けるビタミンB6が含まれておりリラックス効果があります。
 
 朝、昼、夜いつ食べてもメリットがあるバナナ。栄養素の主な成分は以下となります。

 
 カリウム・・・塩分を排出する役割があり高血圧やむくみの解消に繋がります。

 食物繊維・・・水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり血糖値の急上昇を抑制する腸で水分を吸収し排世する。

 糖質・・・バナナに含まれている糖類はブドウ糖、果糖、ショ糖など色々な種類が含んでいます。

 ビタミンが豊富・・・ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、ビタミンB6、葉酸などのビタミンが含まれています。

運動するときはバナナがオススメ

 運動の時は栄養補給としてにバナナが非常にオススメです。バナナはエネルギー補給に優れ筋肉を修復してくれる栄養が詰まっているからです。

バナナの補給時のメリット
 
 筋肉の修復を促進する効果
 運動してことで破壊した筋肉を修復してくれるのがタンパク質です。しかし、そのタンパク質を効率よく体内に運んでくれる効果が炭水化物です。バナナは炭水化物が多く含まれておりその効果に大いに期待できます。
 
 筋肉の痙攣を防ぐ
 筋肉の痙攣の原因は水分不足などで起こります。バナナは体内の水分を調整してくれるカリウムが豊富なので痙攣を防ぐ効果が期待できます。
 
 プロティンの吸収率アップ
 プロティンが主にタンパク質なのでそれを促す効果のあるバナナが同時に取ることにより効率よく栄養摂取が可能になります。

バナナによるダイエット効果

 満腹感を得られるのに低カロリーで栄養素もありと正にダイエットにうってつけです。ただ、低下カロリーといっても1本約100kcalもあるので食べすぎには注意が必要です。日々の食事での置き換えがオススメです。
 無理な食事制限で身体を壊してしまうのならばバナナを摂取しダイエットに取り組むことが健康的で一番効率の良い方法です。

明日使える雑学(バナナ編)

1、人間とバナナのDNAが50%と同じ細胞
 なんと人間とバナナのDNA細胞が約50%同じだと言われています。チンパンジー(約99%)は聞いたことがあると思うのですがバナナも約半分が人間と同じ細胞なのは驚きです。

2、なぜバナナは曲がっているのか?
 バナナが曲がっている理由は太陽の光を浴びるためです。バナナが育つ環境は熱帯雨林に多く、どうしても太陽が刺しにくい環境です。そのため少しでも太陽を浴びようと曲がって成長していくのです。

最後に

 バナナは古くからある果物ですが栄養素的にも何をとっても特に欠点が少なく正に万能果物と感じました。種類も豊富で一つ一つ見た目や味に特徴があります。運動時にも効果が期待でき、ダイエットにもサポートしてくれます。
 これからもバナナを積極的に取り入れていこうと思います。
 最後まで読んで頂きありがとうございます。


 お問い合わせはこちら↓

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました