[はてなっふんと一緒に 都市伝説編]                      都市伝説を紹介します2

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです>

 今回は「都市伝説を紹介します2」です。世の中の様々な都市伝説を紹介していきたいと思います。話のネタとして仕事場や学校で使っていただけると嬉しく思います。
 その話を信じるか信じないかはあなた次第です。都市伝説ポイントはばしお判断ですのでご了承ください。

はてなっふん

ばしおはん!ばしおはん!!

ばしお

どしたの~はてなっふん?

はてなっふん

都市伝説について知りたいだす~

ばしお

じゃあ、都市伝説を3つ紹介するよ?

はてなっふん

よろしくだすよ~

目次

ビックフットは存在した

ばしお

はじめにビックフットの都市伝説について紹介していくね~

はてなっふん

ビックフット!!聞いたことあるだすよ~

 ビックフットは体長2m~3mほどの毛むくじゃらの獣人で常に2足歩行をした非常に人間に近い存在でネオンデルタール人や北京原人などの生き残りではないかと言われています。
 はじめてビックフットが確認されたのは1810年アメリカのオレゴン州のコロンビア沿いで長さ42cm、幅24cmの大きな足跡を発見し当時は「クマ」や「ゾウ」かと言われていましたが、足跡の形的に非常に人間に近く「巨大人間」ではないかと考えられ「ビックフット」と名づけられ誕生しました。
 その後200年以上経った現在でもアメリカやカナダで目撃され続けています

はてなっふん

200年経った現在でも各地で足跡が確認されてるだすか~

ばしお

足跡は確認されているけど実際の生物は未だ確認されていないんだよ~
次は「ビックフット」が存在していると言われる根拠を紹介していくね~

 実は先程紹介したビックフット伝説にはいささか信憑性にかけており、誰かがイタズラで作ったデマだと言われています。しかし、霊長類の歴史において過去に身長3m、体重300㎏というとてつもなく大きな霊長類の化石が発見され巨大霊長類が存在していたことが明らかとなっており、その化石は中国で発見され「ギガントピテクス・ブラッキー」と呼ばれています。
 もしかすれば様々な発見情報の中に過去に存在が確認されている「ギガントピテクス・ブラッキー」の生き残りが生息しているのかもしれません。

はてなっふん

そんなに大きな生物が生息していたんだすな~

ばしお

霊長類のなかでも人間よりオランウータンに近い存在で中には600㎏を超えるギガントピテクス・ブラッキーも存在したと言われているよ~

ばしお

ただ、現在発見されている化石は少なく憶測の域は超えていないんだよ。
ただ、今後様々な形で発見され存在が明確になり「ビックフット」の存在が証明されるかもしれないよ~

はてなっふん

そうなのだすな~ロマンがあるだすよ~

ばしお

その話を信じるか信じないかはあなた次第です!!

都市伝説ポイント50ポイント

UFOの存在

 次は都市伝説の定番と言っても過言ではないUFOを紹介したいと思います。UFOには様々な確認情報があり映像もたくさんあります。偽物も出回っていますが中には本物もあると言われ信憑性が高い都市伝説となっています。

ばしお

次はUFOについて紹介するよ~

はてなっふん

都市伝説で有名なUFOだすな~
教えてほしいだす~

 UFOとは未確認飛行物体の略称でその名の通り確認できていない飛行物体とされています。初めてUFOが目撃されたのが1947年ワシントン州のレーニア山頂付近で発見されました。その後年間数百以上もの目撃情報がありましたが人工物体や発光体での誤認等数多く存在いますが、中には科学では証明できず本当にUFO ではないかと言われている事例もたくさんあります。

はてなっふん

意外とUFOが初めて目撃されたのは最近なのだすな~

ばしお

そうだね~でもその後UFOの目撃情報が毎年多数あるんだよ
信憑性に欠ける物も多数存在するけどね・・・

はてなっふん

でも中には科学では証明できない物もあるだすな~

ばしお

次はその信憑性の高いUFOの事例を紹介するよ~

 

米国軍での調査報告書

 米国防総省のUFO調査報告書で2004年11月から2021年3月の間で米軍パイロットが「説明できない飛行物体」に遭遇した案件が144件にも上ったと発表されました。様々な怪奇現象を証明できるほどの現在の科学力でも説明できない情報が米国のパイロットだけでこれほど上げられています。

甲府事件

 実は日本でもUFOの目撃情報があります。1975年2月に甲府市の小学児童2名が下校中にUFOを目撃したと報告がありました。実際その母親も空に銀色の物体を見たと証言しておりテレビでも報道されています。UFOが着陸していた思われるあたりから放射能が残っていたことから何かがあったのは事実です。因みにその7年後にも同じ場所でUFOらしきものを目撃したという証言もあがっています。

レンデルシャムの森事件

 1980年イギリスで報告されたUFO目撃事件で軍のウッドブリッジ基地近くのレンデルシャムの森に正体不明の光体が降下していくのを傭兵が目撃しました。直径3mの三角形の飛行物体で赤い光と青い光を発しており近づくと姿を消したと報告がありました。次の日にはその発見場所には放射能が残っておりそこにも何かがあったことは事実でした。

はてなっふん

色々信憑性があるだすな~

ばしお

そうだよ~
因みにカップ焼きそばのUFOはU(うまい)、F(太い)、O(大きい)だよ~

はてなっふん

そうなのだすな・・・

ばしお

まだまだ未知が多く広大な広さを持つ宇宙、人間の科学力より優れていて偵察に訪れに来た宇宙人が存在していても不思議じゃないよ~

はてなっふん

そうだすな~
ワシたちも宇宙人だすしな~ (設定上)

ばしお

確かに・・・

ばしお

その話を信じるか信じないかはあなた次第です!!

都市伝説ポイント90ポイント

源義経の生存説

ばしお

次は源義経が実は生存していた説を紹介するよ

はてなっふん

牛若丸の源義経だすな~
衣川で自害したと言われているだすな~

 源義経は1159年に牛若丸と名付けられ京都で生まれました。その後五条大橋で弁慶と出会い壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼしました。その後、源頼朝と対立してしまい31歳という若い年齢で生涯を閉じました。

はてなっふん

兄弟で争いをしてしまったのだすな~

ばしお

そうだよ~
悲しい争いが起こってしまったんだよ

ばしお

でも実は源義経は本当は亡くなってはいなかったといわれているんだ。

はてなっふん

えっ!!そうなのだすか!?
なぜそう言われているのだすか~?

 歴史上では衣川館で自害しましたが、実は蝦夷に渡りチンギスハーンとなっていたなど様々な生存説が浮上しています。その根拠を紹介していきます。

シーボルトの主張

 新井白石が記した資料をシーボルトが解釈を加えた著書に義経がチンギスハーンだったとされています。理由は義経の死後突如としてチンギスハーンが現れモンゴル帝国を築き上げたことやチンギスハーンが得意としていた長弓は中国やモンゴルにはなかったこと、チンギスハーンが即位の礼の際に9つの纓(えい)のついた白旗をたてた(義経も白旗を掲げていた)ことなどがあげられています。

本朝生存説

 本朝通鑑という幕末の歴史書で林羅山が本の中で「義経は衣川で死なず蝦夷地に渡り、蝦夷に今も義経の血を引いたものがいる」と記してあったり、水戸黄門で有名な水戸光圀公も「義経はアイヌ人にたたえられている」ことや「蝦夷地には義経や弁慶にまつわる話が多い」として義経が蝦夷地に渡ったとされるであろう記述も残されています。

はてなっふん

色々な生存説が存在するだすな~

ばしお

そうだよ~
でも元々義経は昔から人気があって生存してほしいというファンが多くこのような説が生まれたともいわれていて真相は未だ謎に包まれているんだよ~

ばしお

それを信じるか信じないかはあなた次第です!!

都市伝説ポイント30ポイント

最後に

 いかがだったでしょうか。「都市伝説を紹介します2」を紹介しました。この世界にはまだまだ科学では証明できない不思議な出来事が多数存在します。信憑性に欠ける都市伝説でももしかしたら今後真実に変わり世の中が変わっていくかもしれません。

それを信じるか信じないかはあなた次第で!!

ばっふん

最後まで読んでいただきありがとうなのだ~
この記事も読んでいただければ嬉しいのだ~

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる