[今すぐ使えるネタ5選]                  話のネタ(うんちく)を紹介します第18弾

雑学豆知識(話のネタ)

<おはようございます。こんにちはです。こんばんはでございます。ばしおです。>

 今回も話のネタとなるうんちく(18弾)を紹介していきたいと思います。私独自が判断したうんちくを5つ紹介させていただきます。仕事場や学校の話題として使っていただけると嬉しく思います。うんちくには諸説ありますのでご了承ください。

面白いとは

 話や顔芸など場を盛り上げて楽しめる人を「面白い」と言いますが「面白い」とはどういう意味でしょうか?まず「面」は顔の事を指します。「白い」を入れることで「顔が白い人」となります。この「白」は血の気が引いた白ではなく場を盛り上げた際周りの顔が輝かしくて顔が白くなったことを表現します。ですのでこの人のおかげで「白く輝かしい顔」になったという周りの人のことを指しています。 

チャンポンとは

 色々な種類のお酒を飲むことを「チャンポン」と言いますがなぜそう言うのでしょうか?その由来はチャンは鉦(かね)でポンは鼓(つづみ)のことを指します。昔は鼓(つづみ)は上流階級の人間が楽しめるもので鉦(かね)と合わさることは型破りな事でした。その型破りな事を「チャンポン」と呼び、お酒で違う種類を飲んで悪酔いする型破りなことを「チャンポン」といいます。 

さようならとは

 人と別れる際「さようなら」と言いますが語源はどこから来たのでしょうか?「さようなら」は漢字で「左様なら」と書き、意味は「そのようならば」となります。武士の時代その場を去る時「左様ならばおいとま申します」と言っていました。それが略され「さようなら」と表現されるようになりました。

棟梁とは

 大工のお頭を「棟梁」と言いますがどういう意味なのでしょうか?まず「棟」と「梁」に分かれており、「棟」は屋根のてっぺんのつなぎの太い大木の横木を指し、「梁」(はり)は柱と柱をつなげる横木を指します。どちらも家屋を作るのに欠かせない箇所となります。その欠かせない存在ということで「棟梁」と呼ばれています。 

棚ぼたの由来

 予期せぬ幸運が舞い降りることを「棚からぼた餅」と言いますがなぜそういうのでしょうか?昔は今と違いお菓子はとても貴重な食べ物でした。そのお菓子が神棚に祭られそれがなんかしらの拍子に落ちてくることを幸運が舞い降りたと表現しました。そのことから予期せぬ幸運を「棚からぼた餅」と言います。

最後に

 いかがだったでしょうか。話のネタ(うんちく)第18弾を5つ紹介させていただきました。仕事場や学校で話しに使っていただけると嬉しく思います。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちら↓

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました